>> HOME >> 学会活動 >> 農業普及研究 最新号 >> 発表主要論文

農業普及研究
46号 第23巻・第1号 2018年6月
目 次
春季大会
(平成30年3月1日〜2日、東京)
シンポジウム:共に創る私たちの普及学−実践編その1−
基調講演 フードチェーンとGAP・HACCP
※参考資料「フードチェーンとGAP・HACCP」
 (平成29年度春季大会資料『農業普及研究と
  実績』収録)は、こちらから
中嶋 康博
趣旨説明 シンポジウムの趣旨説明 佐藤 了
第1分科会 ニーズをつかむ GAPは普及方法たり得るか? 岩元 明久
小池 甲
第2分科会 視野を広げる CoP(実践コミュニティ)の実効性を探る 稲泉 博己
石澤 直士
第3分科会 仕事世界を深める
一枚の写真〜富田林市東條地域「ほんわか米生産部会」との思い出〜から普及活動の悩み共有
宇根 豊
林 兵弥
各分科会意見交換
シンポジウム資料
個別研究報告要旨
海外事情
ザブサハラ・アフリカ低湿地稲作の普及・定着条件
−ガーナ南部の開田パイロットプロジェクトを対象に−
横山 繁樹
羽佐田 勝美
書 評
著者:村上利夫
『戦後稲作技術史』
野口 憲一
著者:里見洋司
『農業普及員ひろしのトルコ日記』
山田 篤志
編者:佐藤一子・千葉悦子・宮城道子
『<食といのち>をひらく女性たち』
二階堂 孝子
学会からのお知らせ
編集後記


▲ top