>> HOME >> 学会活動 >> 農業普及研究 最新号 >> 発表主要論文

農業普及研究
53号 第26巻・第2号 2021年12月
目 次
オンラインセミナー
農の本質と協働:コロナ禍で考える
趣旨説明 横山繁樹
報告1 残し、育て、伝える農の営み 横田修一
報告2 「農の本質」「普及活動の本質」
〜コロナ禍で見えてきたもの、見えなくなるもの〜
林 兵弥
 報告3  職と農は「協働」の物語を生み出せるか:「耕す営み」からの再出発 小口広太 
 報告4 有機農業とカーボン農業の可能性  吉田太郎 
 コメント1   上西良博 
 コメント2    安江紘幸
 コメントへの回答    横田修一 他
 総合討論   司会
宇根豊 
 チャットによるコメント(含む「閉会に際して」) 山路永司 他 
 メールによる追加コメント  
書評  

著者:山下 祐介
     「地域学入門」

岩元明久
学会からのお知らせ ・稲泉博己氏追悼文
・オンラインセミナーに参加して
・その他
大室謙治
藤代岳雄
編集後記



▲ top