全国改良普及職員協議会機関誌
技術と普及

技術と普及 2013年10月号 誌名 技術と普及 10月号  [2013年]
発刊日 2013年9月25日
サイズ A4
ページ数 82ページ
主な内容
 ■特集:
    担い手の育成と普及の支援
    切り花の最新情報〜売れる切り花を求めて


目次


■カラーグラビア

○普及指導センター紹介
 「種もみ(水稲種子)」「チューリップ球根」産地を支える普及活動
   富山県砺波農林振興センター担い手支援課・農業普及課

 東日本大震災および原発事故からの復旧・復興
   福島県県南農林事務所農業振興普及部

○シリーズ 6次産業化を進める法人を訪ねて
 はたのパン屋さん(島根県)
   森 千鶴子

○東北の元気なメロン大産地が最新鋭の選果機導入で「つがるブランド」の底上げはかる

○連載 野菜の機能性 第10回 “ピーマン”
   有井 雅幸

○外来種の最新情報と現場で取れる対策[雑草編]
 ヒロハフウリンホオズキ
   木田 揚一


■特集1 『担い手の育成と普及の支援』

○産地との協働による「新規就農研修事業」を柱に(岡山県)
   石倉 聡

○前橋市担い手育成総合支援協議会を中心として(群馬県)
   福田 博文

○普及計画に「新規就農者の自立経営化」を掲げて(三重県)
   後藤 忠司

○鹿児島県における普及組織の支援
   川畑 順子

○熊本県立農業大学校における社会人研修教育
   園田 誠

○平成24年度滋賀県普及方法調査研究報告
 新規就農希望者の安定した定着化のための普及活動
   滋賀県普及方法調査研究チーム


■最新鋭の選果機導入で元気な露地メロン大産地が「つがるブランド」発信とグレードアップを!


■大分県和牛肥育産地再編に向けた普及活動


■特集2 『切り花の最新情報〜売れる切り花を求めて』

○切り花の最近の傾向と今後の展望について
 (株)大田花き花の生活研究所 代表取締役 桐生 進氏に聞く

○「良い品質の花がトレンドになる」
 (株)大森花卉 桜庭清栄営業グループサブリーダーに聞く

○もっとほしい産地からの主体的できめの細かい情報提供
 生花店(株)スズキフロリスト 鈴木 昭会長に聞く

○品質にこだわったトルコギキョウ栽培の取り組み(岩手県)I
   佐藤 美和子

○桜の切り枝産地の基盤強化に向けた普及活動(山形県)
   工藤 昌樹

○夢をつないで百年産地へ〜ユリ切り花への取組〜(新潟県)
   田中 雅生

○輪ギクの新規需要対応と収量増大に向けた取り組みと支援(愛知県)
   石川 高史


■TREND13

○農村:子育て文化をどう作るか
    理恵子

○農政:TPP交渉、短期決戦は日本に吉か凶か
   村田 泰夫

○流通:中国産冷凍野菜はやはり安全性リスクが
   小林 彰一


■連載

○普及活動診断 第27回
 集団の性格診断と指導F

○写真講座ワンポイントアドバイス 第4回
 “トリミング”で重要な部分と無駄な部分を考える
   新垣 宏久

○最新試験研究技術情報 第4回
   野口 伸・鈴木 保宏

○地域営農情報〜東西南北〜
   協力:日本農業新聞


■シリーズ

○普及の組織体制を巡る 第11回
 千葉県

○普及現場では、いま
 集合研修による新規就農者の育成(山梨県)
 集落ぐるみで取り組む鳥獣害対策の推進(愛媛県)


■組織ニュース

○EK-SYSTEMニュース

○全協からのお知らせ板


■その他

○資器材情報  「ガードネット」

○BOOKS  「フラワーマーケティング入門」

○お知らせ 秋の農作業安全確認運動


■編集部から・次号予告