全国農業改良普及職員協議会機関誌
技術と普及

 
技術と普及 2020年7月号 誌名 技術と普及7月号  [2020年]
発刊日 2020年6月25日
サイズ A4
ページ数 74ページ
価格 本体560円+税(送料別途)
  ※年間購読: 6,160円(送料込)
主な内容

■特集:
全国普及指導活動研究会(普及方法)中編

■特別企画:
上手な土壌病害虫(センチュウ類)対策情報



目次

■カラーグラビア

○シリーズ 普及指導センター紹介
 “信頼”と“きずな”で築く「魅力にあふれたにしもろ農業・農村の創造」
   宮崎県西諸県農林振興局 普及企画課・農業経営課(西諸県農業改良普及センター)

○連載 鳥獣害の最新情報と現場で取れる対策
 ハクビシン
   加P ちひろ

○新シリーズ 農業経営拝見
 株式会社あう農園(愛媛県鬼北町)

〇特別企画連動 カラーで見る上手な土壌病害虫(センチュウ類)対策情報


■特集 『令和元年度全国普及指導活動研究会(普及方法)中編』

〇普及方法を深堀り(若手の悩み・コミュニケーションについて考える)
   中国四国ブロック普及活動調査研究会

〇若手普及職員等の育成に向けたトレーナーのあり方について
   北陸ブロック普及方法調査研究会


■特別企画 『上手な土壌病害虫(センチュウ類)対策情報』

〇サツマイモの線虫類対策情報
   岩堀 英晶

〇大根のキタネグサレセンチュウ対策情報
   伊藤 賢治

〇エダマメのダイズシストセンチュウ対策情報
   豊田 剛己

〇ジャガイモシストセンチュウの特徴と対策技術
   奈良部 孝

〇土壌病害虫(センチュウ類)対策関連資材情報


■特別レポート 『令和元年度全国農業システム化研究会 最終成績検討会分科会報告(上)』


■読み切り 『スマート農業技術の普及に向けた課題(後編)−スマート農業が目指す将来の営農モデル−』
   梅本 雅


■TREND’20

○【農政】ポストコロナ時代の農業「食」の変化に目をこらす
   村田 泰夫

○【流通】突然発生した“巣ごもり”需要 コロナ騒動で野菜の消費構造に変化が
   小林 彰一

○【食と生活】アマビエさんとお家に帰ろう ワイナリー発、業界で共に苦境を克服する取り組み
   大村 美香


■連載

○ときとき普及 第6回  平成の農村女性の巻(その1)
   阿部 清


■シリーズ

〇農産物の機能性 第62回
 “モモ”
   武井 安由知

○普及現場では、いま
 佐渡農業の未来を担う若手後継者の育成!〜佐渡地域における農業青年クラブの取り組み〜(新潟県)
 アスパラガスの産地拡大支援(栃木県)


■組織ニュース

○EK−SYSTEMニュース

○全協からのお知らせ板


■その他

○お知らせ 「令和元年度IPM実証調査最終成績検討会」を開催

〇TOPICS 「令和元年度農山漁村女性活躍表彰」

○編集部から・次号予告