全国農業改良普及職員協議会機関誌
技術と普及

 
技術と普及 2020年8月号 誌名 技術と普及8月号  [2020年]
発刊日 2020年7月27日
サイズ A4
ページ数 74ページ
価格 本体560円+税(送料別途)
  ※年間購読: 6,160円(送料込)
主な内容

■特集:
全国普及指導活動研究会(普及方法)後編

■特別企画:
今注目される農業散布用ドローン



目次

■カラーグラビア

○シリーズ 普及指導センター紹介
 「晴れの国おかやま」でブランド産地の振興に取り組む
   岡山県備中県民局農林水産事業部 備南広域農業普及指導センター

○連載 鳥獣害の最新情報と現場で取れる対策
 アライグマ
   古谷 益朗

〇普及が期待される新品種
 モモ新品種「ひめまるこ」 ニホンスモモ新品種「ハニービート」

〇カラーで見る 今注目される農薬散布用ドローン

○シリーズ 農業経営拝見
 株式会社ベジアーツ(長野県御代田町)


■新たな食料・農業・農村基本計画について〜我が国の食と活力ある農業・農村を次の世代につなぐために〜
   太田 行則


■特集 『令和元年度全国普及指導活動研究会(普及方法)後編』

〇次世代へつなぐ普及活動の伝承に関する調査研究
   九州・沖縄ブロック普及活動研究会

〇若手普及指導員の育成〜新技術導入に向けた普及手法の検討〜
   東北ブロック普及活動調査研究会


■特別企画 『今注目される農薬散布用ドローン』

〇はじめに

〇圧倒的実績と安定性「P30 2019」 XAG JAPAN株式会社

〇防除の最先端。舞台は空へ。「MG−1SAK」 株式会社クボタ

〇知性とパワーを兼ね備えた農業ドローン「AGRAS T20」 DJI JAPAN株式会社

〇農業の未来を担う農薬散布ドローン「飛助DX」 株式会社マゼックス

〇防除はついに空(SKY)へ「スカイマスター MMC1501・MMC1060」 株式会社丸山製作所

〇「ユーザーが期待通りに使える」を追求「TMR−08」 ヤマハ発動機株式会社


■特別レポート 『令和元年度全国農業システム化研究会 最終成績検討会分科会報告(中)』


■TREND’20

○【農政】見直し迫られる基本計画 ポストコロナ時代見据え
   村田 泰夫

○【流通】果樹農業振興基本方針 果樹の「拡大再生産体制」へと生産転換
   小林 彰一

○【農村】「小農」の強さと集落の共同性
    理恵子


■連載

○ときとき普及 第7回  平成の農村女性の巻(その2)
   阿部 清


■シリーズ

〇農産物の機能性 第63回
 “スモモ”
   武井 安由知

○普及現場では、いま
 水田野菜の生産振興〜省力機械化一貫体系による加工業務用キャベツの産地育成〜(滋賀県)
 ホウレンソウの出荷調製作業における農福連携に向けた取り組み(徳島県)

■組織ニュース

○EK−SYSTEMニュース

〇支援協会だより

○全協からのお知らせ板


■その他

○お知らせ 第31回 ヤンマー学生懸賞論文・作文を募集中

〇資器材情報 スマートフォン用アプリケーション「レイミーのAI病害虫雑草診断(水稲版)」

〇お知らせ 第9回 学生懸賞論文を募集中(クミアイ化学工業)

〇BOOKS 「農家・農村との協働とは何か」

〇BOOKS 「図解 伝染環・生活環と防除のポイント」

○編集部から・次号予告